石垣島暮らし

移住先の石垣島より携帯写真を添えながら
近況報告と八重山の微風をお伝えしています...
<< 初乗船@ドリーム号 | TOP | 豊年祭の準備中@真乙姥御嶽 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
黒島にて
NEC_0062.jpg

と言うことで、黒島に着いた頃には既にランチタイム・・・
まずはお腹を満たし、いよいよと意気込みながら向かった先は 『黒島研究所』 見る その黒島研究所では、この子たち↑ 続いてはこの子たち↓ と遊びほうけていたのでした揺れるハート 如何せん可愛い過ぎるほど可愛いので、なかなかその場から離れることが出来ずに居たのでした(笑) その後、仲本海岸では色鮮やかな魚たちと付かず離れずの微妙な距離感を保ちながら、肩や背中の色が褐色に変わるほど仲本海岸の水平線を放遊していたのでした魚

記事Link >> H2Aロケット破片を回収 / 宇宙航空研究開発機構
(八重山毎日新聞社より)


NEC_0062.jpg
22:48 | From 黒  島 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:48 | - | - | -
コメント
うわっ!ホントに黒島の話題・・・ありがとうございます!

私、ここへ行ったのってつい最近なんですよねぇ。
いつも海にいるか、「うんどうや」で飲んだくれているかって感じで、
前々回、天気に恵まれなかった日、やっと研究所の中に入りました。
そうそう。飽きないですよね♪
ちなみに下のひな鳥は何ですか?
2007/07/26 1:55 PM by ししにぃ
ししにぃさん

黒島の話題と言える程の内容でもなかったですがね(汗)
そう、その 「うんどうや」 さんへ着いて、さぁ ・・・ という時に、今日は休みなのよ (あらっ) と言われてしまい、泣く泣くパームツリーへと力無く移動したのでした。
あの時は、やたらと遠く感じましたよ。たった1.数キロなの(笑)

今回の黒島研究所ではH2Aロケットの破片の一部を見ることが出来ました。
これって、けっこう貴重かも!? と思いながらも、へぇ〜こんなもんなんだぁ、と少々腰砕けな自己感想に浸っていたのでした。
ちなみに、下の絵柄の可愛い子たちは 「孔雀」 の赤ちゃんなのでした。
2007/08/01 8:04 PM by すがにぃ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yaima.jugem.cc/trackback/735
トラックバック