石垣島暮らし

移住先の石垣島より携帯写真を添えながら
近況報告と八重山の微風をお伝えしています...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ふれあいパーティー @ 第14回やまねこマラソン大会

    ↑ふれあいパーティーの名物
お刺身が大量に盛り付けられたサバニの登場です
拍手
しかし、残念ながら今年もイノシシのお刺身の姿はありませんでした。
館内には2隻のサバニが入場して来たのですが、大勢の人が群がり
まともにネタをすくい上げることは出来ませんでした(笑)


↑パーティーに華やかさを添えていた 『リノ・レオ』 の
みなさんが織り成すフラダンスにも大きな喝采が送られていました
揺れるハート


↑サバニのお刺身盛りは3隻も用意され、館内に入り切らなかった
みなさんの為にも、屋外の方々用に1隻が振る舞われていたのでした
魚


↑手作り感溢れるパーティーの取りを飾ったのは
みなさんもよくご存知の “加治工 勇” さんなのでした
ムード



↑その “加治工 勇” さんが繰り広げる凪がれるような選曲に
パーティーに集まった観衆のボルテージは一気に加速していったのでした
上向き
そして、ふれあいパーティーのフィナーレを飾ったのは、加治工ワールドの代表曲とも言える 『鳩間の港』 の音色と共に、壇上に登りつめた観衆と一体になりながら弾けたカチャーシーで大いに盛り上がっていたのでした(笑) おしまいend
01:10 | From 西表島 | comments(3) | trackbacks(0)
第14回やまねこマラソン大会

  10劵魁璽垢悗離┘鵐肇蝓爾任靴燭
    無事に完走して来ました
拍手

みなさんへ内緒にしていた訳ではないのですが、昨年のエントリー締め切り日に駆け込み状態で申請を済ませてからも、本当に行けるのだろうか!? という事情もあって、私自身も大会直前に 「あぁ、これで走ることが出来るんだぁ・・・」 という状況での参加だったのでした。その前夜には、大会に合わせ石垣島入りしていた気心の知れた仲間たちと石垣牛三昧ビール 最初こそ翌日のことを考えペース配分をしていたつもりが、いつの間にかいつもと変わらぬ呑みっぷりになってしまっていました汗
奥ちゃん、ごめんよ!! そして大会当日、参加する人々でごったがいしていた離島ターミナルから安栄号に乗り込み西表島へ。再び内地からの仲間たちと合流し談笑するもスタート時間までの間合いが落ち着かず、早く走り終えたという葛藤と戦いながら迎えたレース本番GO! しかし、スタート直後に足への違和感を感じ目標であった40分台でのゴールは危ういかもと思う気持ちと共に走りきってみると、結果は55分07秒 ・・・ 良いんだか、悪いんだか!? 目標をクリア出来なかったいう意味では不合格バッド 如何せんタイムが悪かった!! そんな私の成績といえば、10劵魁璽校臆端圓823人中の90位、年代別では174人中の11位 ・・・ これって、微妙な成績だよね(笑) ひとえに喜べない複雑な心境でレースを振り返っていた数時間後には、レース以上に楽しみにしていた 『ふれあいパーティー』 で参加者が一体となって大いに盛り上がっていたのでした ・・・ その様子は次回のレポートでお届けしますねペン

記事Link >> 村松(与那国町)・女子は野村(愛知)が初優勝 / やまねこマラソン
(八重山毎日新聞社より)

01:23 | From 西表島 | comments(6) | trackbacks(0)
マーハル・ジェラート

懲りずに西表ネタで引っ張りますが・・・(笑)
大原の 『玉盛スーパー』 で見つけたマーハル・ジェラート見る
西表島は古見で作られている島産ジェラートらしく、そうなれば食べずにはいられませんよね!? よく巷のスーパーなどで見かけるちょっと高めのカップアイスと同じくらいの大きさで、確か150円だったような財布 私が迷わずチョイスしたのは “黒糖ラムレーズン” でした。メニュー表でも案内されていますが、南大東島のラム酒に西表島の黒糖がブレンドされ出来上がったラムレーズンがあっさりとしたジェラートと程好くマッチングされ、大人の香りを漂わせていましたグッド 季節により新たなメニューが登場 ・・・ そう書かれると、次回もワクワクしながら玉盛スーパーへ立ち寄ってしまいそうです(笑)
と言うことで、今回の西表島レポートはこれでおしまいですend
20:03 | From 西表島 | comments(3) | trackbacks(0)
由布島の水牛くん

と言ってしまってはやや偽りがあるかもしれませんが、間違いなく西表島と由布島との船渡し役を一手に担っているのがこの水牛たちですよねぴかぴか そもそも、歩いて行けるほどの距離なのですが、そこは離島ならではの風情が必要というもので、西表島を訪れたことのあるみなさんなら一度はお世話になったことがあるのでは!? そんな働き者の水牛くん (どうやら雄は気性が荒いこともあって、こちらで働いている水牛は雌牛がほとんどのようです ・・・ ですから、正確には “水牛さん” ですよね)、大好きな水浴びを楽しんでいる休息タイムからのひとこまでした。気持ち良さそぉーグッド
12:51 | From 西表島 | comments(2) | trackbacks(0)
デンサー食堂

西表島を何度か訪れたことのある方は勿論のこと、この八重山に思いを寄せている未訪問の方々まで、西表島の  『デンサー食堂』  の名をご存知の方は多いハズ!? そう言う私自身も西表島へはほんの数回しかおじゃましたことがなかったのですが、今回初めてデンサー食堂でお昼ご飯となったのでした食事 前回はすぐ近くの 『新八食堂』 での “野菜ソーキそば” に大満足、立て続けのそば巡りとはいきませんでした(笑) そのデンサー食堂の “デンサーそば” は至ってシンプルな盛り付け具合なのですが、一口スープを口にした瞬間 「これは美味いっ!!」 と思わず独り言を発してしまいましたグッド 見た目とは違い、しっかりとした豚骨風味で濃くのあるスープにすっかりやられてしまったのでした(笑) 次に寄れるのは、『デンサー節大会』 におじゃました時かなぁ・・・月
12:15 | From 西表島 | comments(7) | trackbacks(0)
ウ゛ィラうなりざき

↑こんなロケーションで、缶ビール片手にの〜んびりと
時の流れを感じていたいものですね・・・

先週末は西表島へ出掛けていました船
週末を利用してですから一泊二日のプチ旅でしたが、当初心配されていたお天気も問題なく、こんがりいい感じに焼けて帰って来ました。前回の西表島では大原にある 『ラ・ティーダ西表』 での宿泊でしたが、今回は部屋数が少ないこともあるのでしょうが、トップシーズンには常に満室状態満室 まるで “大人のための癒し空間” を思わせる人気宿 『ウ゛ィラうなりざき』 での宿泊でした。他の宿泊客のみなさんも落ち着いた年齢層の方々ばかりで、すぐ近くには 『民宿うなりざき』 もあることから、ダイビングチームを中心に若者たちはそちらに集中しているようでした。夜は 『ウ゛ィラうなりざき』 から歩いても行ける割烹島魚料理&お鮨が絶品な 『初枝』 さんで島魚のお造り&マース煮から始まりその他諸々、締めのお鮨まで久々に豪華で美味しいお酒の席となったのでしたグッド そして翌朝、このまま一日中ここでの〜んびり過ごしていたいと思わせるお部屋と○畳ほどのこじんまりとしたプライベートビーチ付きの中庭に別れを告げ、レンタカーを走らせたのでした自動車

そして *アラさん *幸せ一杯めぐっち☆乙女 *ししにぃさん *たまやんさん
*まちこねーねー *BRONZEさん *あやさん *WWWさん *ヨウイチさん

嬉しくも心温まるコメントをありがとうございますMAIL それなのにそれなのに、またもみなさんへのお返事に辿り付くことが出来ないまま慌しく日々が過ぎてしまいました。しかし、みなさんから寄せられるありがたいお便りは、その都度しっかりと拝見しておりました見る この石垣島へと移住しても、なかなか理想的なスローライフを手に入れられない現実が憎らしいです(笑) そんな 『石垣島暮らし』 ですが、よろしければまたお立ち寄り下さいね。心からお待ちしています月
19:36 | From 西表島 | comments(4) | trackbacks(0)
ラ・ティーダ西表からの眺め

↑解かりずらいかと思われますが、肉眼では波照間島の姿が鮮明に確認することが出来たのでした・・・

かなりの事後報告となってしまいましたが、先週末は西表島へと出掛けていました。同じく石垣島へ移住されていたお友達と3人での一泊二日は見事なまでに雨との旅路でしたが、それなりに楽しかったなぁ。いろんな新発見があったり、西表島でしか会えない知人との団欒など、派手なレジャーが目的ではなかった今回の西表島では雨なりに楽しく過ごせたのでした壁掛時計 さて、今回お世話になったお宿は “ネイチャーロッジ” をモチーフに運営されているラ・ティーダ西表での一泊でした。しかも、一番広い部屋ではなかろうかと思われたそのスペースは、3人でも充分過ぎるほどのゆったり感で満足なお部屋だったのでしたグッド 大原港から数分移動した海岸沿いにひっそり佇むラ・ティーダ(本館の2Fレストラン)からの眺めは、正面におよそ50舛藁イ譴討い襯魯困稜半抜崚腓了僂、左に視線を移せば新城島(パナリ島)が鮮明に見渡せたのでした見る 天候が雨なのと、小浜島では “ちゅらさん祭” が開催される週末ということで、宿は貸し切り状態かもね ・・・ と少々の期待を共にチェックインをしてみると、思っていた以上に程好く混んでいたからびっくり汗 八重山ではひたすら民宿寄りだった私も、たまにはラ・ティーダのようなこじんまりとしたロッジ風のプチホテル!? もいいもんだなぁ、なんていう感想を持ちながらの一泊二日の週末旅だったのでした拍手
06:26 | From 西表島 | comments(0) | trackbacks(0)
今日も午前中は西表島ですVol.3
20051116_71261.jpg
最後に 『ラ・ティーダ西表』 に寄らせて頂き、全ての任務が終了しました。今回は旅レポートならぬ “業務レポート” となってしまったことで、観光スポットを取り上げることなく終りましたが、この後 “貨客船かりゆし” に揺られ石垣島に帰ります。
13:48 | From 西表島 | comments(2) | trackbacks(0)
今日も午前中は西表島ですVol.2
20051116_71234.jpg
上原から大原へ戻るまでの間 “ついでに業務” の一環として、某研究所や顧客先などにご挨拶で訪れていた合間を縫うように、ちょっと立ち寄ってみました。こんな天気でも由布島へ向け、水牛くんも頑張っていました。
12:48 | From 西表島 | comments(1) | trackbacks(0)
今日も午前中は西表島です
20051116_71179.jpg
昨夜はこちら 『カンピラ荘』 に泊まりました。残念ながら 『あけぼの館』 が一杯 (そりゃ、当たり前) だったこともあり、時間などの都合により、こちらでお世話になりました。ある理由でVIP待遇でした。ありがとう!!
10:19 | From 西表島 | comments(0) | trackbacks(0)