石垣島暮らし

移住先の石垣島より携帯写真を添えながら
近況報告と八重山の微風をお伝えしています...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
沖永良部島からのひとこまVol.おしまい
20060507_178134.jpg
楽しかった沖永良部島での四日間にも切ない幕引きの時が訪れてしまいました。narumiさん&shimadaネーネーのお二人に続き、私達もこの9人乗りプロペラチャーター機で那覇まで戻り、それぞれが帰郷へ向かうことになります。島の雄大さと同様に、おおらかで優しかった沖永良部島へこの言葉を残して乗り込みます ・・・ 大らかな温もりをありがとう!!
15:48 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.18
20060507_178012.jpg
今年のGWは八重山の離島には渡らず、初めて訪れた沖永良部島での島遊びを思う存分楽しんでいた訳ですが、それもこれも素晴らしいナビゲートをしてくれたnarumiさん&shimadaネーネーお二人のお陰でした。ありがとうね!!
13:51 | From 沖永良部島 | comments(1) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.17
20060507_177918.jpg
沖永良部島へ入ってからの三日間は程々お天気にも恵まれていましたが、最終日の今日は生憎の小雨混じり。と言う事で、予定通り 『タラソおきのえらぶ』 へやって来ました。海水風呂で全身をほぐしてまったりしよぉ〜と。
10:35 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.16
20060506_177317.jpg
程良い日差しが降り注ぐなか、笠石海浜公園での楽しいランチにまったりタイム。続いて向かったのは、お待ち兼ねの 『秘密の浜辺』 でした。こじんまりとしていて、海からの贈り物も拾い放題で素敵なプライベートビーチでした。
18:18 | From 沖永良部島 | comments(2) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.15
20060506_177197.jpg
今回が初めての沖永良部島。島の大きさ以上に驚いたのは、思っていた以上に財政が豊富で都会チック(いやっ、ちょっと大袈裟でした・・・)なところでした。そんな沖永良部島のスーパーで 『えらぶトンチャン』 という珍味を発見してしまいました。んー、深いね〜!!
16:00 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.14
20060506_177163.jpg
そして迎えた三日目の前半は 『和泊町歴史民俗資料館』 を訪ねてみました。その後、和泊港に出向きAライン船を見届けながら和泊町の街並みと共にお買い出し。ご覧の情緒溢れるメガネ橋は、南洲神社に繋がる南洲橋でした。
14:50 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.13
20060506_177029.jpg
その東シナ海を一望できる田皆岬の灯台脇から 「まるで火星を思わせるような地形だよ」 と案内された場所は、これまた不思議な一帯なのでした。このゴツゴツとした独特の地表面に火星をイメージされてしまったのでした。
10:10 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.12
20060506_177007.jpg
余りに充実した島巡りに、なかなかレポートが追い付きません(笑) さて昨日の続きですが、沖泊海浜公園でのランチタイム後は 『田皆岬』 へと向かったのでした。島内を巡っていると、随所で与那国島を思い起こさせられました。
08:58 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.11
20060505_176702.jpg
ビーチロックで白い珊瑚浜と蒼い海と潮風を浴びながらビーチグラス拾いに夢中になっていた午前も終りを迎え、お昼を調達して向かった先は沖泊海浜公園でのランチタイムでした。至る所で自然の水族館が現れていて嬉しかったなぁ!!
22:02 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)
沖永良部島からのひとこまVol.10
20060505_176573.jpg
昇竜洞でどっぷり自然の神秘を堪能した後には島の南西に位置する 『ビーチロック』 へ案内してもらいました。砂浜が眩しいほど白く、ゴミひとつ落ちていなかったことが観光客に荒らされていないことを物語っていました。
20:09 | From 沖永良部島 | comments(0) | trackbacks(0)